For all people who love the towel

今治のタオル産業の歴史

タオルづくりが始まってから120年の歴史がある、愛媛県今治市。
1年を通じて降水量が少なく晴れた日が多い今治市内には、
高縄山系を源流とする蒼社川(そうじゃがわ)が流れ、
良質な伏流水に恵まれています。硬度が低く、不純物が非常に少ない軟水であり、
とても低温なので、綿の本来持っている柔らかさを十分に引き出すことができます。
豊かな水の恵みをいかし、職人が積み重ねた技とこだわりが
タオルの聖地・今治を育てました。

THING FABRICS WEAR

まず私たちが始めたのは、洋服用タオル地を開発すること。
これまで通常のタオル地で洋服を作ると、JIS規格の定める基準を満たすことが
出来ませんでした。職人と何度も話し合いと実験を重ね、約2年に及ぶ歳月を
経て基準を満たした未だ他に例の無い織物を開発。ナチュラルなストレッチ性を持たせ、
独特の光沢があり、薄く、柔らかく、しなやかな生地に仕上げております。

グループから探す

お気に入りリストに登録しました。 お気に入りから削除しました。
お気に入りリストはコチラ ×
>